最近彼女からこんな話を聞きました。

”結婚相談所に行く = 負け組”

上記のように信じていらしい。僕とまったく異なる考え方がそこにあった。実はこの考え方、大方の女子がもっている偏見です。

僕は、こんな話を聞くと、正直、世の中の人間の合理性を疑いたくなります。

結婚相談所にいく → もてない人がいくところ

確かにそういう図式はないわけではないかもしれない。

いやいや、皆さん、賢くいってください。自分に魅力があると思いますか?もし、そうならば、モテない女子の中にいったら、ぶっちぎり選び放題なんだから、入会しないあなたがおかしい、そう僕は思います。

確率論で考えてください。

失礼ながら、確率を想定します。
1)あなたの知り合った友達になる成功率30%
2)友達から恋人になる確率10%
とします。

caseA: 会社や友達の紹介:
年100人の会社や合コンで知り合う → 30人が友達(100 X 30%) → 3人が恋人(30 X 10%)

caseB:結婚相談所の紹介:
週4人, 年200人の男性と知り合う → 60人が友達 → 6人が恋人です。

実際、会社や友達の紹介で100人になることはないと思うので、1/3ぐらいでしょうか。結論を言うと、ふつうにやってれば、年1人は恋人になりますが、ダメなら、次にいくのに1年待つのです。しかも恋人候補が1人では選ぶことすらできません。しかい、結婚相談所ならば、恋人候補6人から、選べばいいのです。結婚相談所ならば、同時並行で進めて時間を節約できるのです。

意地悪ですが、現実的な厳しい質問です。
1)あなたにはどのぐらい付き合って結婚を決めたいですか?
2)自分が目的としている年齢まで、何回失敗できるでしょうか?
3)逆算して、子供を産んで、式をして、婚約をして、それぞれ6カ月で計算したら何歳ですか?

結婚を意識し始めるのは、30を超える頃です。3)では2年は時間をとられます。そう考えると、実際今からでも遅いくらいだということに気が付くでしょう。また、結婚相談所は、年齢がすべてだったりしますので、若ければ若いほど相手が、男性の応募がきます。

皆さんは、口では、いえいえ、自分なんて・・と謙遜されますが、本音は違うはずです。モテたい、幸せになりたい、そう思っているはずです。動かなければ、物事は進みません。頑張ってはいかがでしょうか?