婚活・・・いや、結婚には法則があると思います。

それは、当たり前だけど、みんなが言わない、認識すらしていない人もいるのではないかという内容。

結婚でうまくいっている人が必ずしていること。それは、簡単に言うならば

”変われる気持ちがあるかどうか”

です。

婚活とは、簡単に言ってしまうと、出会いを短期間で大量に買うことです。いわゆる野球に例えると、ピッチャーからボールが自分に投げられるのです。そこで、あなたはどうするのでしょう?ひたすらボールが投げられるたびにバットを振り続けるのか、見逃すのかということです。

振らないとバットにはあたりません。
振っても当たらないこともよくあります。
そのときは、振り方を変えて何度も挑戦する必要があります。

空振りしたら、原因を追究して・・・

なにが悪くて、今のスイングではボールにあたらなかったのか?

これを考える必要があります。

友人交際、婚約、結婚・・・男女の間の呼び名がかわっても、問題について、お互いの間で何が問題なのか一緒に考える。振られても、うまくいかなかったら、素直に反省して、何度も挑戦することが必要です。

よく”自分は悪くない!”を連呼する人がいますが、これは翻訳すると、”自分は変わる気がない”と言っているのと同じです。お互いに悪くないといっていては始まりませんので、

どこかで価値観がずれが埋まっていないことを見つけることが大切です。

つまり、相手が変わるつもりがなかったら、終わるだけの話だったりします。これは、相手が折れなかったら終わるだけの話で、別れ話の背水の陣に近いものがあります。

婚活でうまくいかない人の法則は、ここにあると思います。

・服装を変えない人
・性格を変えない人
・環境を変えない人
・好みを変えない人
・相手の理解を変えない人

全部、変化がポイントです。僕は女医さんの婚活ネタとしていますが、彼女達は勉強はできる人たちだと思いますが、出会った頃の状態はかろうじて維持しますが、新たに自分が変わることに対しては、認識していないのか積極性がなかったと思います。学力とは全く違うところにあるんだな、って思いました。もしかしたら、僕対して変わる必要がなかっただけかもしれませんね。

では、違う視点からみましょう。

僕たちは、変わらないでいられるのでしょうか?

僕たちは、常に変わらずにはいられない生き物です。

子供から大人になって、肉体が、精神が成長します。同様に30代からは、加齢による衰えが始まります。物覚えが悪くなったり、頭の回転が悪くなったり、我慢ができなくなる、人間の柔軟性が失われたりします。これらは、自然な変化です。

では意図的な変化はないのでしょう?
つまり、自分が楽しむ変わり方はないのか?ということです。

変わることは、素晴らしいことです。
自分が変わることで、あなたに人が集まり、あなたに感謝する人、愛する人も増えることが多くなるのです。なぜ、かわらないことを好むのでしょう?変わったら面白いことだらけなんだと思うんだけどな。たぶん、どこをどう変えたらいいかって気付きがたりないだけなのかもしれない、そう信じたいところです。だって、いいことだらけなんだから。