スポンサードリンク
 

男性である私には、禁止ワードがあります。

男でしょ!?しっかりしなさいよ!

初めての彼女に言われた衝撃の言葉でした。デートプランで予想外が合った時、どうしようか考え中に飛んできた言葉。一緒に考えてくれるかと思いきや・・・協力放棄の言葉に唖然とした記憶があります。

男子の禁止事項があるように、当然女子にも禁止事項があります。デートで、マナー違反なのか、調整事項なのか、切り分けためにも、まず、禁止事項から学んでもらえればと思います。

■男子のパニック行動は黙ること

よくドラマで彼氏が浮気なり、女性にやましいことがあると、黙ると、女性が罵るシーンがあります。

”男でしょ?なんとかいいなさいよ!”

男子にはキツイ一言に他なりません。男子は、一定の時に以下の沈黙スイッチがはいります。
・緊張状態
・ビックリしたシチュエーション
・防御態勢
・思考中
このダンマリ状態になるのは、状況を頭の中で整理して、自分が誤った行動を防ぎ、正しい行動をするための準備状態です。ちなみにこういった現象は、女性には起きないようです。

■女子は黙ってあげるのがマナー

この男子の考え中モードに、強烈な刺激を加えたがる女性がいます。男性のいわゆるパニックモードなので、邪魔をすると、反射的に思わず、邪魔を止めたくなる、つまり、男子が力でねじ伏せたりその場所からいなくなる、ということが起きやすくなります。まず、ストレスをグッとこらえる男子もいるでしょう。しかし、男子は非常に不快に思いますので、何回かやれば、あなたの元を去ることを決断する可能性は高ります。

ただ、男子も毎回そういったパニック状態を邪魔される度に相手の元を去っていては、始まりません。自分の行動について、相手に理解を求めることも重要です。”ちょっと考えてるから時間をもらってもいい?”ちゃんとお断りをしましょう。あなたのことを思ってくれている女性は理解をしてくれるはずです。

では、逆に女性のパニックモードはどうでしょうか。

■女性のパニック状態は、涙

女子の涙は複雑です。悲しいとき~感動したとき、いろいろな感情が高ぶったときに出てしまうようです。脳科学的にも涙を流すことで、ストレスを軽減することができるといわれております。また違う説によると、男女は、脳幹という情報を流す管の太さが違うようなので、男性は管が細いので、感情の刺激が弱いですが、管が太い女性は、ある種の出来事に多量の情報が流されるので、それに耐えかねて、感情に左右されるとも言われています。この脳幹の違いを明確にわかる出来事は、男性はテレビを見ながら歯を磨くと、口から垂らしてしまいますが、女性はテレビを見ながら、踊ったり、歯を磨いても口から垂らしません。女性は、同時進行ができるのです。

■女性の涙は、汗

男子は、泣いた女性を見て、”泣くなんてズルい!”と思ってしまうことが多いのではないでしょうか。女性達に”泣いてしまった女性を見た時どうすればいいか?”と、聞いたところ、答えは、

”そっとしてほしい”

でした。私はいずも、どうしたの?大丈夫?何かしてたら気づかなくてごめん。。等々・・・いらない発言をいつもしていたようです。

女性もパニック状態になっていることもあり、本人でも涙を流しているケースがあるようですので、こちらも、男性と同様そっとしてあげることが一番のようです。

女性もできれば、”ごめん、そっとしておいてもらっていい?女性は、感受性が強くて泣いてしまうことがあるから・・・”等の一言を言って、そっとしておいた男性には、”ありがとう、〇〇君、理解してくれてうれしい”の一言を付けると、正しい行動をとっているか、混乱している男子にいい・悪いの白黒をつけた行動を理解させるでしょう。

男女の違いを違いを理解して、楽しいデートをしてくださいね!

 
スポンサードリンク