男女共に嫌われてしまう”かまってちゃん”

男女共通に交際相手として失敗してしまったかも・・・そう思うことってありますよね。その中の一つが、”かまってちゃん”と言われる人たちです。女子も非常に嫌がる傾向が強いですが、男子は、”ぶりっこちゃん”は平気でも”かまってちゃん”は非常に苦手です。

なぜ、かまってちゃんは登場する?

一般的に2つの事象から”かまってちゃん”は、登場します。1つは、何らかのことが原因で一時的に”かまってちゃん”になってしまっている場合。もう1つは、慢性的に、”かまってちゃんな”場合です。専門用語では、“承認欲求が強い”と表現するようです。

一時的な承認欲求が強い場合は、誰しもがあると思います。例えば、気に入った異性の前で背伸びをしたくなったり、疲れていて判断力が弱っているときなど、我を忘れることは誰しもあると思いますが、疲労回復や冷静になることで承認欲求は抑えることができると思います。

しかしながら、慢性的な場合は、かなり複雑です。一般的には、幼い頃の愛情不足によって自尊心が育たなかったことから引き起こされることがあり、未だに自分の存在を他人によって肯定してほしい、という欲求が強いのです。この原因が行き過ぎると、アダルトチルドレン(※詳細説明は別サイト参照)となります。

“かまってちゃん”は行き過ぎるとどうなる?

かまってちゃんのレベルは、様々ですが、アダルトチルドレンになると、かなり強敵です。アダルトチルドレンは、自分を心配している姿や他人が自分を肯定するための行為を行います基本的に偏見が強く、人の話を聞かないので、皆様は驚くかもしれませんが、それが彼らの頭の中で長年構築されてしまった常識です。よって、説得する・話し合うといったコミュニケーションがとれないことが特徴です。何度話し合ってもお互いの話合いがかみ合わない、というときは、どちらかが、アダルトチルドレンなのかもしれない、とお互いを理解する姿勢をもつことが重要です。

ちなみに、アダルトチルドレンを追い詰めすぎた事例ですが、私が実際に観たのは、女性に限り何人かですが、自傷行為から始まって、自殺未遂をして、自分の存在を確認する作業を行うケースもありますので、感情的になり始めたら、どちらかがブレーキをかけて、冷静にお互いのコミュニケーションを立て直すことを考えましょう

アダルトチルドレンは治るのか?

アダルトチルドレンに関して、治るなどのサイトもありますが、実際は、アダルトチルドレンは、病名ではありませんし、治療薬はありません。また、アダルトチルドレンは、基本的に、自分がアダルトチルドレンなことを認識していないケースが多く、自分の感情のコントロールができないことに悩んでいるケースがあります。そのため、”アダルトチルドレン”として、自分を認識することで自分と向き合って、長い年月をかけて、自分をコントロールすることを学んでもらうことが必要になります。

婚活ではどうしたらいい?

婚活では、いろいろな人が登場します。モテる雰囲気があるのに、なぜか結婚していないので、何か問題があるのでは・・・と勘繰りたくなることもしばしば。

そんな中には、外見に関係なく、一時的な”かまってちゃん”、軽度な”かまってちゃん”、重度の”かまってちゃん”がいます。

■一時的な”かまってちゃん”
恋愛経験が不足している、かつ、あなたの気を引きたいので、自己中心的にあなたを振り回してしまうのです。”かわいいな”、とか、”私の魅力におされてるのかな?”と思って寛容になれるなら、交際してはいかがでしょうか?緊張がほぐれてきたら、違う一面が見れるかもしれません。ちなみに女性慣れしている僕でも魅力的な女性の前では、自分を大きく見せるような対応を無意識にすることがあります。ふとしたときに、”ああ、今、僕は自分を大きく見せようとしたな”と思って反省してしまいます。そのときには、”身近に感じない高嶺の花だから緊張するわけで、この人は、遠い存在の人で交際する人ではない”と思ってしまいます。無理をして築いた恋愛は、疲れて果て、6ヵ月ぐらいで終わるからです。これも恋愛経験が多いからわかることかもしれません。

■軽度な”かまってちゃん”
基本あなたしか見えていないのですが、相手をするあなたは、ちょっと疲れてしまうかも。この辺になると、かまってちゃんになっている人が、ずっと年下ならかわいくみえて、許してしまうかも?

ちなみに、合コンで男性の”かまってちゃん”(5歳上)を見たことがあります。女子が全員ドン引きした挙句、番号を聞いたら”あなたに教えることはないから”と10歳年下の子にハッキリ言われて固まっておりました・・・・彼が固まる前にLineを聞けた自分は、申し訳ない思い出いっぱいでした。その後、相性が合う人と出会って、すぐに結婚。ちなみに女性を紹介したのは僕です。(彼の友達のイケメンを紹介したつもりでした)彼女いわく、”相性も合うし、この人なら女性問題を気にしなくていいから”といっておりました。やっぱり大切なことは、かまってちゃんより相性の問題だったんですね。

■重度のかまってちゃん
かまってちゃんのアダルトチルドレン型は、自分を中心に考えてしまい、周りを尊重することができる状態ではないので、お互いを支えるパートナーとしては、難しいと思います。”自分が困っている彼らを変えていくんだ”そう意気込む方もいるかもしれませんが、残念ながら上記サイトに記載の通り、その時点で既にアダルトチルドレンの問題には誤った対応となります。アダルトチルドレンの方々には、論理的に話しても受け取り方は論理的には伝わらないので、会話が成立しなくなります。客観性を失っており、自分の主張と合わないため、戦ってしまうのです。そのため、個人的には、恋人よりかは第三者の力を借りつつ、時間をかけて自分の修正と耐性を身に着けた後にお相手探しをしてほしいと思います。

余談ですが、人間観察が得意な僕ですが、色々な人たちを見ていますが、今までで、アダルトチルドレンと思われる人は、女性ですが5人ほど知り会ったことがあります。性格が優しく、普通に見えますが、それなりの距離感になるまで、彼らは自分を出してこないので、見分けがついたことがありません。そういう意味で、静かに婚活をうまくいかせたいのであれば、お友達相手からすぐ結婚ではなく、何か月か交際して、お互いをよく知った上で、次のステップに進むのがベターと思います。