モテる人の条件

最近は、女性目当てにお店に行くのは、ガールズバーとでもいうのでしょうか。キャバクラという言葉がすっかり聞こえなくなってきたような気がします。キャバクラの前は、スナックに、クラブとでもいったのでしょうか。しかし、いつの世も男性は、名前は違っても女性を求めてお店にいくのは変わらない気がします。

では男性は何しにいくのでしょうか?いつか肉体関係を持てるという淡い下心でしょうか?下心なら別のお店にいくはずです。

では、なぜでしょう?

女性とお話をするお店で男性に人気なのは、かわいい子でもすれ違い様に振り返ってしまうような美人でもありません

売れっ子の彼女たちの秘密は、人気の理由は、清潔さ、気遣い、そして一番重要なのは、聞き上手なことです。これは、異性に関係なくモテる人に必要な共通点なのではないでしょうか。

キャバクラにいく男性のタイプとその理由は?

キャバクラにいく男性は2パターンがあります。観光型と通学型です。

観光型は、1,2回いって終わり。観光して興味を示しません。通学型は、気に入った人をを見つけて通います。

さらに言うと、男性は、恋人がいても通学型になるときがあります。では男性はなぜ、そういった場所にいくのでしょうか?

tsu875_chu_tp_v1

あの子がハマる理由、あいつがハマる理由

ハマっている理由は、“居場所があるから”です。居場所を求めて迷子になっているときに、”おかえり~~!”、なんて言われるとグッときてしまうのです。顔を合わせれば、不満を言われたり、喧嘩をしていて居場所がないと感じると、お金を払ってでも居場所を探したくなるのです。

では、人の居場所を作るってなんでしょうか?

それは、相手に”居場所を作るから”とか”私の元に来てほしい”とか言葉で伝えて相手を動かすのではなく、自発的に話をしにきてくれる状態を指します。相手が話を聞いてもらいたくて仕方ない状態があるのです。要するに、、、

聞き上手であること

です。聞き上手であることは、相手に承認欲求や所属欲求を満たすことができるのです。

聞き上手の事例とテクニック

友人関係を見てください。必ず、友達同士、特に女子同士では、仲がいい人は、必ず、話す側と聞く側の役割分担ができているはずです。男性でも女性でも交際がうまくいくには、お互いの役割をきちんと果たせることが必要です。

ひたすら、”聞いてればいいんだよね?”と考えたら、それは早合点です。聞き上手になるために必要なのは、会話のテンポを保つこと聞き流すことが必要です。

会話のリズムがいいと、気持ちよくなって、相手もどんどん話したくなります。また、聞き流すことは、感情移入を防ぐ効果があります。感情移入しすぎると、話を遮り、”それは違うんじゃない?”とか相手のリズムを壊す行動に出始めます。そうなると、相手の聞いてほしい願望を壊すので、相手は、居場所がなくなった、話したくない、と感じてしまい、話は終わります。

婚活で使える聞き上手テクニック

では、婚活ではこのテクニックを使えるのか?というと、ファーストコンタクトのみならず、何を話していいのか・・・と固まるケースは多いと思います。そのときは、相手の話したくなるスイッチを押すように何か話題を見つけて、それをきっかけに相手の話を聞いていればいいのです。

会った後で、自分は、話を聞いていて”あー疲れた”とか”ふー相手がしゃべってばっかりだったな”そう思うかもしれませんが、相手はいっぱい話してスッキリしています。話を気持ちよく聞いてくれるあなたを高評価するでしょう。ちょっとした一日一善です。

この聞き上手のテクニックは、うまくいく交際に進む人だろうと進まなくても、悩める人を救える大切なテクニックだと思います。是非学んでみてください。

管理人の体験談

僕は、大学時代にキャバ嬢がモテる理由・・・を本を読み漁ったことがあります。結論、キャバ嬢で売れっ子は、”カウンセラーもどき”だったと思いした。(技術を悪用している気がしましたが)そこで、カウンセラーの本をいくつか読み、一番相性がよかったのが、下の本で7回以上は見ています。聞く技術は、アマチュアですが、テクニックを生かした実生活をしています。おかげで僕は、仕事・恋愛のみならず、見ず知らずの人とでも楽しく会話ができるようになりました。皆さんよかったら、ご参考までに。

 

プロカウンセラーの聞く技術 [ 東山紘久 ]

価格:1,512円
(2017/1/12 00:49時点)
感想(24件)