結婚相談所で出会い・・・というと、悪い印象を持つ人が多いようです。僕の彼女も”自分が結婚相談所のお世話になるなんて・・・”と非常に偏見があったようです。ちなみにこのブログには”結婚相談所 体目当て”という検索ワードが多いようなので、少しかんがえてみようと思います。

SAYA160105202992_TP_V1

結婚相談所には怪しい男ばかり?

結婚相談所を検討すると、男性がどうしても不潔に見えて仕方がない、体目当ての悪い男性がたくさんいるのではないか…という女性がいるのではないでしょうか。

実は、男性も同様に女性に対して、お金目当ての女性ばかりではないか・・・と思ってしまいます。

では、実際どうなんでしょうか?うまくやる方法はないのでしょうか?

結婚相談所にはどんな人がいる?

結婚相談所には、遊び人、不器用ながら恋愛を求めている人、恋愛経験が少ない人、恋愛経験が豊富だけど相性の合う出会いがなかった人等いろいろいます。

結婚相談所で2年間面談をして思ったのは、男女共に多いのは、恋愛経験が少ない人です。そして、性格のポイントは、男女共に保守的な方が多いと思います。アグレッシブな人に比べたら当然出会いは少ないので、やはり恋愛初心者が増える原因にはなると思います。

結婚相談所に対する偏見と失敗行動

結婚相談所に否定的な方が多いのは、

自信がない・騙される・損をする

いずれかの発想をする方が多いのではないでしょうか。

結婚相談所のメリットとデメリットを紙に書いて比べてほしいです。人間は、知らないことや新たなことに挑戦するとなると、当然ストレスがかかります。ストレスがかかると、嘘や誰かの噂話をネガティブに捉えて冷静さを失います。

結婚を考える上で、大変なのは、以下のことです。それをメリットにするのが結婚相談所です。
1. 結婚相手を探している人を探すこと
2. 魅力てな王子様・お姫様が当然現れない
3. 出会ってからうまくいくかどうか
1に関しては、結婚相手を探すのは非常に大変です。結婚相談所を検討している人は、もはや周りにいい相手がいない状態です。あなたが泳いでいる池の中には何人いるでしょうか。。。
2に関しては、お互い様です、まず野心を捨て、現実的なところを探しましょう。
3は、相性の問題は重要です。結婚相談所は出会いより、出会いから相性の合う相手を探す場といったほうが適切です。

スタートは、異性を知るところから。

まず、2つの前提を忘れないでほしいです。

1.結婚相談所は、恋愛初心者の人が集まることが多いこと
2.男性は本能的に女性の肉体を求める傾向があること

1に関しては、お互いに恋愛初心者なので、ちょっとぐらいの失敗は、”お互い様”と許してあげることが大切です。要するに、慣れれば大した問題ではなくなるのです。恋愛慣れしている人というのは、人が慣れて変わってくれること、成長を信じられる人が多いと思います。その過程で、話し合ってお互いを修正できることが重要です。

2に関しては、“はい、やっぱり体目的~”とは思わないでください、お願いします。男性は、魅力を感じる人に対して肉体を求めます。これは本能なので、食欲と一緒です。男子に欲を押さえろ、というのは、ご飯を食べるな、ということと同じです。死んでしまいます。

 

あなたが魅力的に見るとき、男性は、狩猟本能が刺激されてしまいます。タイプじゃない男性に気に入られたあなたは、あなたのために魅力的になったんじゃない・・・そう思うかもしれませんが、都合よく好きなタイプに好かれるか?というとそういうわけではないありません。つまり、、、以下が成立します。

魅力的ではない男性に好かれない = 魅力的な男性にも当然好かれない

いいとこどりは手に入りませんが、逆に、結婚相談所なら身分を明かす前にお別れはできるはずです。

体目的の定義とは?

“体目的”という定義ですが、恐らく、肉体関係だけで”さよなら”することに嫌悪感を感じているのでしょう。”騙された”、とか、”損をしてしまうこと”が発端だと思います。

結婚相談所には、そんな女性達を守るシステムがあります。

それは、

入会条件に厳しい書類提出を求めることです。

書類提出で入会なんてメンドクサイ・・・と思うかもしれませんが、こういったシステムが整った結婚相談所であれば、何か事故が起きた時にも、公的機関を巻き込んであなたを助けることができます。裁判で損害賠償をする際にも、”どこの”、”だれ”かを明確にわからないと訴えることはできません。

結婚相談所の例外事項と矛盾

結婚相談所では、”肉体関係は退会とする”と決めているところはたくさんあります。比較的女性はこのルールに従順なのではないでしょうか。しかし、男性は否定的です。

恋愛経験豊富な男子ほど、特に、女性との肉体関係の相性を非常に大切にします。なぜなら、肉体関係がうまくいかない女性と結婚はしたくない、というのが男性のホンネだからです。男性は体でも恋をするからです。そのため、退会後にうまくいかないことがわかると、結婚まで漕ぎつけない可能性が高まるからです。残酷な話ですよね。

結婚相談所の禁止事項であるけど、男性は相性という最終決断をするために、肉体関係を求めるのです。結果、うまくいけばいいですが、相性が悪く、別れることになると、それが、体目的とみられてしまうことが多いと思います。

タブーの先になるもの

ここからは、管理人の実体験に基づく個人的な見解です。

肉体関係の相性がいい人 = 性格の面でも相性がいい

です。個人的には、体の相性が悪い人は、友達として10年以上よく飲みに行く間柄でも相性が合わない人ことがよくあります。きっと、一定以上の距離の近さでお互い適度な距離をとってたのだろうな、と思います。

そういう意味で、男性の皆さんに言いたいのは、相性が本当にいい女性なら肉体関係がなくてもうまくいく、ということです。女子が頑なに拒んでも恋愛初心者なので、大目に見てほしいです。

逆に女性の皆さんに言いたいのは、男性が3回以上のデートで、お互いの関係を進めるために先に進めようとするかもしれませんが、そこで、拒絶するのではなく、うまく立ち回ることを考えましょう。許してあげてもいいでしょうし、うまくかわすこともありだと思います。ただ、わかってほしいのは、男性が相性の確認は遅かれ早かれ確認することです。

 

結婚という死が二人を別つまでの目的を、”間に合わせの結婚”にしてしまう人がいます。確かに焦る気持ちはわかりますが、無理して交際しても早々に空振りして終わることが多いような気がします。体目的で終わった!と悲しい気がするかもしれませんが、お互いに無駄な時間を過ごさずに時間を節約して次の恋愛に進めることはよかったのではないかと思います。僕は成婚退会後に早々ににフラれたとき、冷静になってからですが、良かったと思ったものです。婚活はダラダラすると、時間を無駄にしてしまいます。終わる相手は、いい相手が見つかれば思い出すことはありません。

また、結婚までの道のりは、親御さんとの関係から、決めごとの連続でストレスもかかります。最初の出会いの試練で簡単に壊れるようであれば、その先でも大変な思いをして、振り出しに戻るより、相性の合う人を探すことが大切だと僕は考えています。

結論

結論ですが、体目的、というネガティブな言葉にに走らずに相性の確認は形にとらわれずに、しっかりしてほしい、と思います。男性がプッシュしすぎるのもよくないですし、女性が逃げすぎるのもよくないと思います。結果的に、お互いに”譲らない人”になるからです。僕から見ると、この譲るかどうかもお互いの阿吽の呼吸にもっていけるのが、相性のいい人、ということになると思います。

皆さんに素敵な出会いがありますように。