雑誌、Webサイト、、、大衆向けの情報というのは、女性のシンボルにもなります。

しかし、実は、この女子のシンボルと男子の好みが一致しているか?ということは、だいぶ違います。今日はこれを紹介していきます。

カワイイはカワイイだけ

女子文化のカワイイ、なんかときめくものを感じさせます。しかし、男子にその”カワイイ”の感覚のアリとナシがあります。

アリのケースで言うならば、、、、難しいですね。簡単に言えば、青山大学、立教大学のミスコンで見るキラキラ系女子です。キラキラしてますよね。

アナウンサーで言えば、新井絵里奈さんでしょうか。

かわいいですよね、僕もタイプです。

逆にナシのカワイイとはなにか?ですが、女子同志の褒め合いに使われているケースは、男子ウケはしないということでしょうか。

一部感覚が理解できる男子ももちろんいますが、理解はしても恋愛までには至らないというのが現実だと思います。つまり、不変なカワイイ以外は、ほとんど男子ウケしないことばかりなのです、実は。

じゃぁ男子の好みは何?

まず、服装です。

最近は、ヒールのない靴、ガウチョパンツといったものが流行っています。

デートでコーデのひとつとして、見せるのはいいと思います。しかし、男性を魅せるという技ではないので、ちょっとした普通のあなたを見せるリハビリに使うのはいいと思います、あなたの内面を魅せる段階から。

理想のファッション、それは、アナウンサーの清潔感のある格好です。僕の個人的な理想でいえば、パリッとしたシャツ、短すぎないスカート、低すぎず、高すぎないヒールぐらいで十分です。

ちなみにカラーは、1つぐらいはいいですが、原則濃すぎない感じでいくこと。理由は、好き嫌いが出やすかったり、色のチョイス次第で相性が悪くなるケースがあるからです。特に男性は、ピンクが似合うのは20代前半までとしか思っていませんので、印象を悪くする色があるからです。逆に年齢・男女と問わずにオシャレを演出できるのは、オレンジです。

img_58fe13edc8c98

美魔女なんて信じちゃダメ

美魔女は、性の対象になることはあるかもしれない、が、遊びでおしまい、これが現実です。

僕は、美魔女の方と知り合う機会がありました。彼女達にはいくつかポイントがあります。

1.同性の女性から綺麗という視点で見られたい

2.男性にモテると思っていない、がモテると昔の感覚がよみがえる

解説です。

1に関して言えば、人間だれしも自分に自信を持ちたいのでしょう。メディアから、世間体から、道行く視線から、綺麗の文字を勝ち取りたいようです。やはり、綺麗と言われて、もっと頑張りたくなって、綺麗にされていた、という印象でした。

2に関して言えば、1で言う通り、綺麗であれば、当然男性も寄ってくるわけです。ですが、若い時にお姫扱いされていたので、

モテる = お姫様扱い

と思っているのです。しかし、彼女達は、周りの男子が美しさと新鮮さを目当てに寄ってきたことに気が付いてません。

美魔女は美魔女以上ではない。

婚活市場で熱心に美魔女を追いかける男性は、以前と同様、美しさと新鮮さを味わった後、新たな美を求めて旅立ちます。

journey

長く続く関係のない恋愛は、早めに終わります。
そこに寄り添う愛はありません。むしろ、少し長めの滞在の観光に近いです。

最後に。

婚活市場で自分に自信がない女性をよく見かけます。

美女が多いと卑屈になることもありますが、上記の通り、美魔女は自滅するので大丈夫です(笑)普通の女子で清潔感があれば、婚活市場では結構モテると思います。あくまで必要なのは、自己プロデュース力です。これは別に語りたいと思います。